伝説サッカー選手紹介#77【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】ガッツマン「食らいついたら離さない」

好きなサッカー選手

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介する伝説のサッカー選手はイタリアの【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】です。

Embed from Getty Images
生徒
生徒

「 ジェンナーロ・ガットゥーゾはどんな選手?」

「ジェンナーロ・ガットゥーゾのエピソード教えて!」

と思っていただいたあなたへお届けします。

ちょいちょいぼくのエピソードも混じっていますが、お付き合いいただければ幸いです。

いきなりですが【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】にキャッチフレーズをつけます。

じょのれん
じょのれん

ガッツマン

「食らいついたら離さない」

なぜこのキャッチフレーズをつけたのか【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】のすごいぞポイント3つを軸に語っていきますので、しばしお付き合いください。

いち早く実際のプレー動画を見たい皆様はこちらからどうぞ。

プレーを見た後で良いので、記事を読んでいただければ幸いです。

  1. プレースタイル「クラッシャー」
  2. レンジャーズでのステップアップ
  3. ピルロのボディガード

選手プロフィール

  • 名前:ジェンナーロ・ガットゥーゾ
  • 国籍:イタリア
  • 生年月日:1978年1月9日
  • 身長・体重:177cm77kg
  • 利き足:右足
  • ポジション:MF(ミッドフィルダー)
  • 主な所属チーム:レンジャーズ、ACミラン
  • 代表歴:73試合(1得点)
  • ワールドカップ出場:2002年、2006年、2010年
クラブ出場(得点)
1995-1997イタリアの旗 ペルージャ10(0)
1997-1998スコットランドの旗 レンジャーズ34(3)
1998-1999イタリアの旗 サレルニターナ25(0)
1999-2012イタリアの旗 ミラン335(9)
2012-2013スイスの旗 シオン27(1)
通算431(13)

出会い

【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】との出会いは、ACミランに移籍した1999年です。

「ウディネーゼ」躍進に貢献した教え子の【ビアホフ】、鹿島アントラーズで活躍した【レオナルド】、リベリアの怪人【ジョージ・ウェア】の最強3トップで優勝することとなります。

ちなみに当時のACミランの監督は、のちに日本代表監督になる「アルベルト・ザッケローニ」です。

343のフォーメーションで【アルベルティーニ】と【ボバン】がいたので、【ガットゥーゾ】は控えとなりますが、当時ユベントスに在籍していた【ダービッツ】を彷彿とするファイターぶりにびっくりした記憶があります。

【レオナルド】【ジョージ・ウェア】【ダービッツ】に興味のある皆様は下記記事をご覧ください。

Embed from Getty Images

すごいぞポイント3つ

プレースタイル「クラッシャー」

【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】のプレースタイルは「クラッシャー」です。

守備的ミッドフィルダーの中でも能力を守備に全振りしたイメージです。

激しいタックルやショルダーチャージからのボール奪取は、守備の国イタリアの中でもトップクラスです。

相手エースが【ガットゥーゾ】の獲物になった瞬間、相手チームは戦力半減になるほどです。

食らいついたら離さない様子はさながら「闘犬」です。

ちなみに、キャプテン翼の中で一番好きなキャラクターが「石崎了くん」であることからも最後まで諦めない「ガッツマン」でもあります。

Embed from Getty Images

レンジャーズでのステップアップ

【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】は【中田英寿】選手が所属する前の「ペルージャ」でデビューしています。

2年目終了時に転機が訪れます。

スコットランドの2大名門チームのひとつ「レンジャーズ」からのオファーです。

ちなみにもう一つの名門「セルティック」は【古橋亨梧】選手、【前田大然】選手、【旗手怜央】選手、【井手口陽介】選手が所属しています。

【ガットゥーゾ】はスコットランドリーグについて、「あの国のサッカーが僕の性格やプレースタイルには最も合っている」と語っており相性抜群でした。

激しいプレースタイルと最後まで諦めない心は「ブレイブハート」と呼ばれスコットランドの人の心をがっちり離しませんでした。

ここで大事な出会いがありました。

イングランドのレジェンド【ポール・ガスコイン】との出会いです。

テクニシャンの【ガスコイン】は1990年イタリアワールドカップでイングランドをエスト4に導くエースでした。

性格は悪童と呼ばれやんちゃなところがあったため【ガットゥーゾ】のプレースタイルもあいまって可愛がっていました。

今のご時世では言葉に表せないイタズラも仕掛けられています。

そんなこんなで【ガットゥーゾ】は心身ともに「クラッシャー」としての能力をスケールアップしました。

Embed from Getty Images

ピルロのボディガード

【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】と【アンドレア・ピルロ】は二人でセットと言っても過言ではありません。

【ピルロ】は【ガットゥーゾ】なしには「稀代のレジスタ」と言われるまでにはならなかったでしょう。

レジスタについては下記記事を参考にしてください。

【ピルロ】以前のレジスタは【ライカールト】【グアルディオラ】【レドンド】のようにパス回しだけでなくディフェンス能力も兼ね備えていることが必須でした。

しかし【ピルロ】は元々ファンタジスタだったため、ディフェンス能力はほとんどありません。

そこを補うのがわれらの【ガットゥーゾ】です。

防御力全振りの【ガットゥーゾ】と攻撃力全振りの【ピルロ】の補完性は完璧です。

二人の強みと弱点がからみあい攻守ともに相乗効果が現れます。

【ピルロ】のボディガードの隊長は【ガットゥーゾ】ですが、他にも周りを固めています。

【セードルフ】【ネスタ】【マルディーニ】です。

ACミランの長い歴史の中でも、このときのチームが最強の一つであることは間違いありません。

2006年ドイツワールドカップを制したイタリアの中心であったことも間違いありません。

【グアルディオラ】【セードルフ】【ネスタ】【マルディーニ】に興味のある皆様は下記記事をご覧ください。

Embed from Getty Images

まとめ

いかがでしたでしょうか。

【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】の闘志あふれるプレーはチームに欠かせません。

ボールを扱う技術が優れているのが一番良いとされている風潮がありますが、ボールを奪わないと攻撃は始まりません。

ドリブルもパスもシュートもできません。

日本ではデュエル(一対一)の重要性を【遠藤航】選手が広げてくれました。

さらに【板倉滉】選手が中盤で君臨すれば、「レジスタ+クラッシャー」として日本代表をさらなる高みにいけると踏んでいます。

次世代の【松木玖生】選手や【中井卓大】選手も能力を高めて補完しあえば、日本代表の未来は明るいです。

【ジェンナーロ・ガットゥーゾ】の魅力がうまく語れたかはわかりませんが、なつかしさや興味がわいた皆様は、実際のプレーをみていただければ幸いです。

【イタリアの闘犬】ジェンナーロ・ガットゥーゾ 特徴解説  HD 1080p(海外サッカー)みにフト  イーフト
【前編】悪童ガスコインとの出会い ガットゥーゾのキャリアを変えたレンジャーズでの物語
【魂編】狂気に満ちた任侠の闘犬 ジェンナーロ・ガットゥーゾの物語

次回予告

次回は【ゲオルゲ・ハジ】です。

お楽しみにしてください、またね。

Embed from Getty Images

ここまでお付き合いしてくださった皆様にサッカー本と漫画の紹介をします。

サッカーをプレーする皆様はこちら

サッカーを指導する皆様はこちら

サッカーの戦術マニアはこちら

世界のサッカー小僧のバイブル

ファンタジスタの見える景色を知る漫画

生きる道を模索する青春漫画

監督視点の漫画と思いきや選手の成長漫画

プロを目指す選手のもがき苦しみつつも楽しむ様子を描いた漫画

ストライカー育成漫画

動画視聴は下記からどうぞ

ユニフォーム購入は下記からどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました