伝説サッカー選手紹介#39【デビッド・ベッカム】ビューティフルスナイパー「美しき放物線」

好きなサッカー選手
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介する伝説のサッカー選手はイングランドの【デビッド・ベッカム】です。

Embed from Getty Images
生徒
生徒

「デビッド・ベッカムはどんな選手?」

「デビッド・ベッカムのエピソード教えて!」

と思っていただいたあなたへお届けします。

ちょいちょいぼくのエピソードも混じっていますが、お付き合いいただければ幸いです。

いきなりですが【デビッド・ベッカム】にキャッチフレーズをつけます。

じょのれん
じょのれん

ビューティフルスナイパー

「美しき放物線」

なぜこのキャッチフレーズをつけたのか【デビッド・ベッカム】のすごいぞポイント3つを軸に語っていきますので、しばしお付き合いください。

  1. プレースタイル「アーリークロスの生みの親?」
  2. 伝説のフリーキック
  3. ベッカムヘアーと2002年ワールドカップ
スポンサーリンク

選手プロフィール

  • 名前:デビッド・ベッカム
  • 国籍:イングランド
  • 生年月日:1975年5月2日
  • 身長・体重:180cm75kg※体重は諸説あり
  • 利き足:右足
  • ポジション:MF(ミッドフィルダー)
  • 主な所属チーム:マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ロサンゼルス・ギャラクシー
  • 代表歴:115試合(17得点)
  • ワールドカップ出場:1998年、2002年、2006年

所属年:所属チーム:出場:(得点)

1992–2003イングランドの旗 マンチェスター・U   265(62)
1994–1995イングランドの旗 プレストン (loan)  5(2)
2003–2007スペインの旗 レアル・マドリード116(13)
2007–2012アメリカ合衆国の旗 LAギャラクシー       98(18)
2009          イタリアの旗 ACミラン (loan)18(2)
2010          イタリアの旗 ACミラン (loan)11(0)
2013           フランスの旗 パリ・サンジェルマン10(0)
スポンサーリンク

出会い

【デビッド・ベッカム】との出会いは【カントナ】と関係があります。

【カントナ】を知ってマンチェスター・ユナイテッドを知り、若き【ベッカム】や【ギグス】を知ることとなります。

【カントナ】【ギグス】の記事はこちらになりますので、興味のある皆様はごらんください。

【ベッカム】の最初の記憶は「プレミアリーグのダイジェスト」だったと思います。

【ベッカム】がハーフライン付近でボールを持つやいなや、ロングシュートを放ちます。

ロングシュートとは言えない距離です。

その距離55メートル!!

今の僕なら心でこう唱えるでしょう。

ロングシュート「否(いな)!」

超ロングシュート「否(いな)!」

【ベッカム】+超ロングシュート「鉄板(てっぱぁん)!」

今なお、僕の思い出に残る伝説のシュートです。

ちなみに超ロングシュートの伝説は、監督時代の【ストイコビッチ】の革靴シュートも外せません。

Embed from Getty Images
スポンサーリンク

すごいぞポイント3つ

プレースタイル「アーリークロスの生みの親?」

【デビッド・ベッカム】のプレースタイルの特徴として「正確なキック」は外せません。

特に「アーリークロス」は、局面を打開するために必要不可欠です。

生徒
生徒

そもそも「アーリークロス」って何?

先生
先生

サイドからゴール前へのパスのことです。

生徒
生徒

「センタリング」や「クロス」と何が違うの?

先生
先生

「センタリング」や「クロス」は「サイドからゴール前のパスすべて」を指します。

「アーリークロス」は、より限定的です。

アーリーは早いという意味があり、「早めのクロス」です。

生徒
生徒

「早めのクロス」がわかりません。

先生
先生

まず落ち着きましょう。

「サイドで相手ディフェンダーが目の前にいて1対1の状況」を仮定します。

相手ディフェンダーを抜き去りゴール前にパスをするのが一般的な答えです。

【ギグス】が代表的な選手です。

一方【ベッカム】は「足が遅い短所」と「キックが正確な長所」をいかせないか考えます。

「相手を抜き去る前にパスすればいいのでは?」

そこで、「相手を抜く」を省略します。

ゆえに抜いてからのクロスに対して、抜かずにクロスのため早くなり「アーリークロス」となります。

生徒
生徒

なんとなくわかったので、これからもわからないサッカー言葉があったら教えてください。

「初心者でもわかるサッカー言葉」をまとめてくれれば、サッカーがより楽しめます。

先生
先生

前向きに検討します。

話を戻します。

【ベッカム】は「アーリークロス」の使い手です。

むしろ、【ベッカム】の存在により「アーリークロス」が広まりましたので生みの親だとにらんでいます。

「アーリークロス」は線ではなく点で合わせる技術が不可欠であり、【ベッカム】の正確なキックがゴール前のフォワードへ綺麗な放物線を描きます。

誰でも簡単に真似できないことが【ベッカム】の偉大さをきわだてます。

フリーキック

【デビッド・ベッカム】の正確なキックはフリーキックでも存分に発揮します。

そして、ドラマを生みます。

時は2002年ワールドカップ予選の大詰めの「2001年10月6日」までさかのぼります。

予選最終節、相手はギリシャ。

場所はオールド・トラフォード、【ベッカム】が所属している「マンチェスター・ユナイテッドの本拠地」です。

試合は90分を過ぎ1対2で負けている状況で、残るはアディショナルタイムのみ。

同点に追いつかないと、プレーオフにいくことで予選敗退の可能性があります。

そしてアディショナルタイムでラストチャンスが訪れます。

相手のファールでゴール正面にフリーキックを獲得します。

もちろん【ベッカム】が蹴ります。国民すべてのプレッシャーを背に受けて。

サッカー否(いな)、フットボールの母国であるイングランド国民のプレッシャーは日本国民のプレッシャーの比ではありません。

そんななか覚悟を決めた【ベッカム】がキック一閃。

美しい放物線を描いたボールはゴールに突き刺さります。

【ベッカム】が英雄となり伝説となった瞬間です。

偶然か必然か、この試合がオールド・トラフォードだったことです。

マンチェスター・ユナイテッドで何度もこの場所で練習も試合もしている【ベッカム】は距離感、芝の感触を知り尽くしています。

【ベッカム】の類まれなキックの練習の積み重ねと状況の組み合わせによって、「伝説のフリーキック」に昇華したのだと思います。

Embed from Getty Images

ベッカムヘアーと2002年ワールドカップ

【デビッド・ベッカム】は2002年に日本で大ブレイクします。

最大のヒット作?は「ベッカムヘアー」です。

日本中のどこもかしこも、当時の【ベッカム】のソフトモヒカンのヘアースタイルを真似ている人が続出しました。

【ベッカム】のプレーを知らなくても【ベッカム】の顔は分かる人は多いのではないでしょうか。

海外サッカーの知名度を上げた功労者とにらんでいます。

一方で2002年ワールドカップのドラマの一つとして、【ベッカム】はアルゼンチンの【シメオネ】との因縁の決着があります。

1998年ワールドカップで【ベッカム】は【シメオネ】の挑発にのってしまい、軽く蹴りをいれてしまいます。

サッカーでは「あきらかな報復行為」はレッドカードで退場になります。

有名なエピソードは、ジダン頭突き事件です。

相手の口による攻撃(口撃)にかっとなり反射的に頭突きを見舞ってしまいました。

もちろんレッドカードです。

【ジダン】に興味のある皆さまはこちらの記事をご覧ください。

話を戻します。

【ベッカム】は1998年の悪夢をプレーでリベンジするしかありませんでした。

2002年にアルゼンチンと戦う機会を得た【ベッカム】は得点のチャンスを得ます。

ペナルティキックです。

【ベッカム】ほどのキックの名手であれば、ゴールの隅に決めることができたかも知れませんが、魂を込めたキックはど真ん中を貫きます。

そして、雄叫び。悪夢が払拭された瞬間です。

「ベッカムヘアー」はあくまできっかけであり、熱いプレーとドラマを見ていただけると幸いです。

Embed from Getty Images
Embed from Getty Images

まとめ

いかがでしたでしょうか。

【デビッド・ベッカム】は稀代のキックの名手です。

そしてすべてが絵になります。

僕が「好きなシルエット」のひとつに「ベッカムのアーリークロスのシルエット」があります。

両腕を広げ、ボールの下をすくい上げるように親指の根本で蹴るシルエットです。

Embed from Getty Images

「【中村俊輔】選手のフリーキックのシルエット」と双璧です。

写真ではなく、シルエットでプレーを表現できる選手は、狙ったところに蹴るために何千何万回も修練した証です。

【ベッカム】の「美しきフォーム」と「キックの放物線」は永遠に色あせることはありません。

第二、第三さんの「ビューティフルスナイパー」があらわれるか否かは、歴史が証明してくれるでしょう。

【デビッド・ベッカム】の魅力がうまく語れたかはわかりませんが、なつかしさや興味がわいた皆様は、実際のプレーをみていただければ幸いです。

【赤い悪魔の最強クロサー全盛期】デイビッド・ベッカム 1992-2003年特徴解説(海外サッカー) スーパープレイ ウイイレ FP アイコニック
【イングランドの貴公子】デイビッド・ベッカム 特徴解説  HD 1080p David Beckham みにフト(海外サッカー)

次回予告

次回は【ガブリエル・バティストゥータ】です。

お楽しみにしてください、またね。

Embed from Getty Images

サッカーをプレーする皆様は下記記事をご覧いただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました