伝説サッカー選手紹介#40【ガブリエル・バティストゥータ】問答無用のストライカー「ゴールを奪えないフォワードはただのフォワードだ」

好きなサッカー選手
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介する伝説のサッカー選手はアルゼンチンの【ガブリエル・バティストゥータ】です。

Embed from Getty Images
生徒
生徒

「バティストゥータはどんな選手?」

「バティストゥータのエピソード教えて!」

と思っていただいたあなたへお届けします。

ちょいちょいぼくのエピソードも混じっていますが、お付き合いいただければ幸いです。

いきなりですが【バティストゥータ】にキャッチフレーズをつけます。

じょのれん
じょのれん

問答無用のストライカー

「点を奪えないフォワードはただのフォワードだ」

なぜこのキャッチフレーズをつけたのか【ガブリエル・バティストゥータ】のすごいぞポイント3つを軸に語っていきますので、しばしお付き合いください。

  1. プレースタイル「バティゴール」
  2. ルイ・コスタとのコンビ
  3. 日本代表を沈める一撃
スポンサーリンク

選手プロフィール

  • 名前:ガブリエル・バティストゥータ
  • 国籍:アルゼンチン
  • 生年月日:1969年2月1日
  • 身長・体重:185cm73kg
  • 利き足:右足
  • ポジション:FW(フォワード)
  • 主な所属チーム:フィオレンティーナ、ローマ
  • 代表歴:77試合(54得点)
  • ワールドカップ出場:1994年、1998年、2002年

クラブ出場(得点)
1988-1989アルゼンチンの旗 ニューウェルズ16(4)
1989-1990アルゼンチンの旗 リーベル・プレート7(4)
1990-1991アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ29(13)
1991-2000イタリアの旗 フィオレンティーナ269(168)
2000-2003イタリアの旗 ローマ63(30)
2003イタリアの旗 インテル (loan)12(2)
2003-2005カタールの旗 アル・アラビ21(25)
通算386(246)
スポンサーリンク

出会い

【ガブリエル・バティストゥータ】との出会いは本格的にワールドカップを見始めた1994年アメリカワールドカップです。

スピードの【カニーヒア】に対してパワーの【バティストゥータ】。

まさに柔と剛の組み合わせ。

【バルボ】をあわせた3トップを操る【マラドーナ】、【レドンド】を含むアルゼンチンは優勝候補の一角でした。

残念ながら、【マラドーナ】が途中離脱してしまい、ベスト16で敗退しましたが「もし【マラドーナ】が離脱していなかったら?」を思わせるチームでした。

【レドンド】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

Embed from Getty Images
スポンサーリンク

すごいぞポイント3つ

プレースタイル「バティゴール」

【ガブリエル・バティストゥータ】のプレースタイルの特徴として「豪快なシュート」は外せません。

逆に豪快なシュートが「バティゴール」と呼ばれるようになりました。

1990年代はイタリアのプロリーグ「セリエA」が世界最強リーグとされており、おりしも【カズ】選手が日本人初挑戦したのが1994年です。

そんな中、フジテレビで「セリエAダイジェスト」が始まりました。

トヨタカップなど単発的に世界のサッカーに触れることはありましたが、毎週世界のサッカーに触れることができ、日本中のサッカーを見る目が養われたと思います。

そして、1994−95年シーズンに【バティストゥータ】は得点王を取っています。

ダイジェストは得点シーンがメインのため、【バティストゥータ】が取り上げられる回数が多いのは必然です。

ゴールネットを突き破らんばかりのシュートは、ディフェンダーの立場になったらと思うとゾッとした記憶が蘇ります。

右の【バティストゥータ】と左の【ロベルト・カルロス】はいまだにパワーシュートの双璧です。

【ロベルト・カルロス】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

Embed from Getty Images

ルイ・コスタとのコンビ

【ガブリエル・バティストゥータ】の相棒といえば【ルイ・コスタ】です。

長きに渡りフィオレンティーナでコンビを組み、【バティストゥータ】の得点のほとんどは【ルイ・コスタ】からのパスです。

キャプテン翼世代の僕は、真っ先に「バティストゥータ=日向くん、ルイ・コスタ=翼くん」を想起します。

このコンビがイタリアリーグの優勝チームの称号「スクデット」に一番近づいたのが1998-99年シーズンです。

しかし、チームメイトの「ブラジルの怪人【エジムンド】」によって遠ざかります。

【エジムンド】は優勝争いのまっただなか、なんと「リオのカーニバル」を理由にブラジルに帰国し、重要な試合を欠場します。

運悪く【バティストゥータ】も同時期に怪我で欠場し、千載一遇の「スクデット」のチャンスを逃します。

2000年にコンビは解消となりますが、【バティストゥータ】は2000ー01年にローマで、【ルイ・コスタ】は2003-04年にACミランで「スクデット」を獲得しました。

Embed from Getty Images

日本代表を沈めた一撃

【ガブリエル・バティストゥータ】は日本代表のワールドカップ初出場に因縁浅からぬ選手です。

1998年フランスワールドカップは、日本が歴史上初めて参加したワールドカップです。

初戦の相手は強豪アルゼンチン。

セリエAダイジェストやチャンピオンズリーグがテレビで見れるようになり、ほんとうの意味でアルゼンチンの強さを選手はもちろん、視聴者も事前に知っている状態です。

一方で強豪チームは優勝を見据え、「ピークは初戦ではなく決勝トーナメント以降」にもっていくため、万が一のチャンスがあるのも初戦です。

1990年にカメルーンが1986年優勝国のアルゼンチンに勝ったように。

しかし、世界は甘くないことを【バティストゥータ】に教えられます。

しかも、代名詞となる「バティゴール」ではなく、技術が光るシュートでした。

いざとなれば、「こんな引き出しも実はあるよ」と言わんばかりに飛び出してきた【川口能活】の鼻先でちょこんと浮かす「ショートループシュート」を決められます。

結果は1対0と接戦に見えますが、世界の壁を思い知らされました。

本当のストライカーは「大事なところで点を決める」ということを痛感した瞬間でした。

そして、日本代表にもいつか【バティストゥータ】のようなストライカーがあらわれてほしいと願った瞬間でもありました。

まだかなっていない願いです。

Embed from Getty Images

まとめ

いかがでしたでしょうか。

【ガブリエル・バティストゥータ】は決めるときに決めてくれるストライカーです。

ストライカー=点を取る選手であれば、【バティストゥータ】こそ「問答無用のストライカー」です。

ちなみに、問答無用は「もはや議論する必要のないこと」という意味です。

日本では、「守備に貢献している」「ポストプレーで攻撃の起点となっている」ということで点が取れないストライカーを擁護することがよくあります。

もちろん、その意見を否定する事はありませんが、「ストライカー」ではなくただのフォワードです。

紅の豚の名シーンを引用させてもらいますが、「ゴールを奪えないフォワードはただのフォワードだ」。

【ガブリエル・バティストゥータ】の魅力がうまく語れたかはわかりませんが、なつかしさや興味がわいた皆様は、実際のプレーをみていただければ幸いです。

【獅子王】ガブリエル・バティストゥータ 特徴解説  HD 1080p(海外サッカー)みにフト  イーフト

次回予告

次回は【フランク・デ・ブール】です。

Embed from Getty Images

お楽しみにしてください、またね。

サッカーをプレーする皆様は下記記事をご覧いただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました