ポジション別ベスト3【チームを支配する「レジスタ」】動く重心点「チームの心臓は止まらない」

ポジション別ベスト3

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介するポジション別ベスト3のお題は【チームを支配する「レジスタ」】です。

ポジション別ベスト3の選考については3つの縛りがあります。

  • 1994年から2006年に活躍していること
  • お題に沿っていること
  • ぼくが好きなサッカー選手であること

独断と偏見で選んでいることをご了承いただけたらと思います。

それではお題について少し語ったあとに3人の選手について語っていきますので、しばしお付き合いください。

レジスタベスト3

お題について

初回のお題は【チームを支配する「レジスタ」】です。

ただし、レジスタは好きな選手が多すぎるため、さらに細分化し「チームを支配する選手」をお題にしました。

生徒
生徒

レジスタって何?

じょのれん
じょのれん

レジスタとは、もともとは演出家や映画監督などの指揮をとる人を指します。

それが転じて、サッカー選手に使う場合、プレーをコントロールする司令塔を指します。

サッカーは今も昔も「中盤を制するものは試合を制する」という格言があります。

それが転じて、サッカー選手に使う場合、プレーをコントロールする司令塔を指します。

サッカーは今も昔も「中盤を制するものは試合を制する」という格言があります。

中盤を制するにはまずは自チームをコントロールする必要性があります。

自チームをコントロールした上で相手をコントロールすれば、試合を制することが出来ます。

「レジスタ」はチームの心臓となり、全身に酸素を豊富に含んだ血液を供給します。

すなわち「魂を込めた適切なパス」を供給します。

そんなチームの心臓の3人となる「レジスタ」を語ります。

フランク・ライカールト

Embed from Getty Images

1人目は【フランク・ライカールト】です。

【フランク・ライカールト】は最も完成されたサッカー選手と言っても過言ではありません。

高身長からの空中戦の強さ、的確なスライディングタックル、読みとポジショニングを生かしたインターセプト。

さらに、パス能力も優れています。

奪ったボールを素早く、前線につなぎ【ファンバステン】【フリット】などの攻撃力をふんだんにいかします。

当時一世風靡した「ゾーンプレス」の申し子といっても過言ではありません。

とどめは、前線への攻め上がりです。

普段はひかえめだが、機をみて攻め上がるタイミングは抜群です。

当時レジスタという言葉は浸透していませんでしたが、ACミランを支配していた選手は【ファンバステン】でも【フリット】でもなく、【バレージ】でもありません。

中盤を支配し、試合を制していた【ライカールト】です。

【バレージ】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

【ライカールト】に関する詳細情報は下記記事をご覧ください。

フェルナンド・レドンド

Embed from Getty Images

2人目は【フェルナンド・レドンド】です。

当時のアルゼンチンには全盛期は過ぎていましたが、絶対的王様の【ディエゴ・マラドーナ】がいました。

その王様さえも支配していたのが【フェルナンド・レドンド】です。

クラブチームの「レアル・マドリード」はヨーロッパの王者として認識されていますが、1990年代までは低迷期でした。

チャンピオンズリーグ優勝の空白期間は1966年から1998年まで32年間です。

その歴史の扉を開けた一人が【フェルナンド・レドンド】です。

当時のレアル・マドリードには【シューケル】【ミヤトビッチ】【ラウル】【カランブー】【ロベルト・カルロス】【イエロ】などそうそうたるメンバーがいました。

ベテランや若手で年齢もバラバラ、国籍もバラバラ、ピッチでなんの問題もなく機能させていたのは影の支配者【レドンド】です。

背筋をピンと張る姿勢で、レフティのため左足から繰り出されるパスは品を感じます。

【ラウル】【ロベルト・カルロス】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

【レドンド】に関する詳細情報は下記記事をご覧ください。

アンドレア・ピルロ

Embed from Getty Images

3人目は【アンドレア・ピルロ】です。

【アンドレア・ピルロ】は二人と違う「レジスタ」の顔を持っています。

名門インテルに移籍後、あまりにフィジカルが弱い【ピルロ】は活躍できず、ブレシアにレンタルされました。

そこにいたのが【バッジョ】でした。

さらに偶然か必然か【グアルディオラ】もいました。

【バッジョ】【グアルディオラ】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

くしくもファンタジスタとレジスタの両巨頭が同時に同じチームに存在し、【ピルロ】の未来の分岐点になった年です。

ACミランに移籍した【ピルロ】は「アンチェロッティ監督」によって才能を開花させます。

「ファンタジスタ」タイプの【ピルロ】を類まれなるパス能力を活かすために、本来守備力が必須である「レジスタ」で起用します。

なぜ、それが成り立ったのかは当時のACミランのアンチェロッティ監督が、補佐役に【ガットゥーゾ】【セードルフ】【ネスタ】【マルディーニ】を据えたからです。

実質、守備を免除された【ピルロ】はファンタジスタの殻を破り、新たなレジスタとなり自チームを支配することとなります。

【セードルフ】【ネスタ】【マルディーニ】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

【ピルロ】に関する詳細情報は下記記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ポジション別プレースタイル【チームを支配する「レジスタ」】の3人に共感を得ていただいたり、「私なら違うチョイスをするのになぁ」と色々な意見があるかと思います。

個人的見解のプレースタイル別ベスト3ですので、皆様も同じお題でプレースタイル別ベスト3を選出いただければ幸いです。

ちなみにこの3人には共通の接点があります。

相棒に僕が一番好きなサッカー選手の【クラレンス・セードルフ】がいました。

最後に【チームを支配する「レジスタ」】の3人にキャッチフレーズをつけます。

動く重心点「チームの心臓は止まらない」

物体の各部にはたらく重力を1つにまとめたとき、その力がはたらく点が「重心点」です。

11人もしくは22人が動いている中で、常にチームを支配をする3人は「動く重心点」だったのかも知れません。

次回予告

次回のお題は【歴史に残る「ゴールキーパー」】です。

お楽しみにしてください、またね。

サッカーをプレーする皆様は下記記事をご覧いただければ幸いです。

動画視聴は下記からどうぞ

ユニフォーム購入は下記からどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました