伝説サッカー選手紹介#50【パブロ・アイマール】マラドーナステーション「メッシに切符を渡した男」

好きなサッカー選手
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介する伝説のサッカー選手はアルゼンチンの【パブロ・アイマール】です。

Embed from Getty Images
生徒
生徒

「 パブロ・アイマールはどんな選手?」

「パブロ・アイマールのエピソード教えて!」

と思っていただいたあなたへお届けします。

ちょいちょいぼくのエピソードも混じっていますが、お付き合いいただければ幸いです。

いきなりですが【パブロ・アイマール】にキャッチフレーズをつけます。

じょのれん
じょのれん

マラドーナステーション

「メッシに切符を渡した男」

なぜこのキャッチフレーズをつけたのか【パブロ・アイマール】のすごいぞポイント3つを軸に語っていきますので、しばしお付き合いください。

いち早く実際のプレー動画を見たい皆様はこちらからどうぞ。

プレーを見た後で良いので、記事を読んでいただければ幸いです。

  1. プレースタイル「変幻自在のドリブル」
  2. バレンシア黄金期
  3. メッシへの戴冠
スポンサーリンク

選手プロフィール

  • 名前:パブロ・アイマール
  • 国籍:アルゼンチン
  • 生年月日:1979年11月3日
  • 身長・体重:170cm65kg
  • 利き足:右足
  • ポジション:MF(ミッドフィルダー)
  • 主な所属チーム:リーベル・プレート、バレンシア、ベンフィカ
  • 代表歴:52試合(8得点)
  • ワールドカップ出場:2002年、2006年
クラブ出場(得点)
1996-2000アルゼンチンの旗 リーベル・プレート82(21)
2001-2006スペインの旗 バレンシア162(27)
2006-2008スペインの旗 サラゴサ53(5)
2008-2013ポルトガルの旗 ベンフィカ107(12)
2013-2014マレーシアの旗 ジョホール・ダルル・タクジム8(2)
2015アルゼンチンの旗 リーベル・プレート1(0)
スポンサーリンク

出会い

【パブロ・アイマール】との出会いは、「バレンシア」のチャンピオンズリーグ快進撃と関係があります。

スペインリーグは今も昔も、「レアル・マドリード」と「バルセロナ」の圧倒的な2強が存在しています。

そんな中、1999-2000シーズンチャンピオンズリーグ準優勝のバレンシアが、さらなる補強としてアルゼンチンの「リーベル・プレート」から【アイマール】を補強します。

バレンシアでの【アイマール】の活躍は後ほど語ります。

Embed from Getty Images
スポンサーリンク

すごいぞポイント3つ

プレースタイル「変幻自在のドリブル」

【パブロ・アイマール】は司令塔です。

司令塔のイメージはパス中心で味方選手を動かしますが、【アイマール】は一味違います。

「足元のスキル」「スピードの強弱」「小さな体」「童顔ながら甘いマスク」を武器に相手を幻惑する「変幻自在」のドリブルが相手を混乱させます。

ドリブルで相手を一人、また一人とかわします。

数的優位を作った上で、パスもシュートも選び放題となり、攻め手を増やします。

そんな【アイマール】は「ファンタジスタ」でもあります。

「ファンタジスタ」に興味のある皆さまは、下記記事をご覧ください。

Embed from Getty Images

バレンシア黄金期

【パブロ・アイマール】はレアル・マドリードとバルセロナの2強時代に風穴を開けました。

現在で言うと、アトレティコ・マドリードの立ち位置に近いかもしれません。

2001年1月に移籍するやいなや、チャンピオンズリーグ2年連続準優勝に貢献します。

そして、2001-02シーズンに31年ぶりのスペインリーグ優勝の立役者となります。

当時のバレンシアのメンバーは【ペジェグリーノ】【アジャラ】【キリ・ゴンサレス】などアルゼンチン人選手主体のチームで中心が【アイマール】です。

獲得したタイトルは、リーグ優勝2回、UEFAカップ1回、UEFAスーパーカップ1回です。

同時代の「レアル・マドリード」は銀河系軍団で【ジダン】【フィーゴ】【ロナウド】などが所属していました。

「バルセロナ」は【リバウド】【ロナウジーニョ】が所属していました。

この5人は全員、欧州最優秀選手のバロンドールを受賞しています。

【アイマール】がどちらかのチームに所属していたならば、チャンピオンズリーグ優勝とバロンドールを獲得していたのかもしれません。

Embed from Getty Images

メッシへの戴冠

【パブロ・アイマール】はワールドカップに2回出場しています。

偶然か必然か2度とも生で観戦しています。

2002年は仙台でのスウェーデン戦。2006年はドイツのライプツィヒでのメキシコ戦です。

アルゼンチンの10番のユニフォームを着て、観戦したことは今でも良い思い出です。

観戦日記は【レドンド】の記事で語っていますので、興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

私が観戦したメキシコ戦が、結果的に【アイマール】のワールドカップ最後の試合となります。

そして、その試合に出場したのが【メッシ】です。

2002年は【ベロン】【オルテガ】、2006年は【リケルメ】【テベス】など【アイマール】を含めマラドーナ2世が何人もいました。

【ベロン】【テベス】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

【アイマール】のワールドカップ最後の試合に、【メッシ】が同じピッチに出場したことで「茨の道だけど後は任せた」と心のなかで言ったのかもしれません。

ちなみに【メッシ】のアイドルは【マラドーナ】と【アイマール】です。

Embed from Getty Images

まとめ

いかがでしたでしょうか。

【パブロ・アイマール】はマラドーナ2世という重しがありましたが、見事に【メッシ】に切符を渡しました。

そして【メッシ】はマラドーナ2世ではなく、メッシ1世になりました。

【アイマール】もアイマール1世に戻りました。

変幻自在のドリブルは今も脳裏に焼き付いています

【パブロ・アイマール】の魅力がうまく語れたかはわかりませんが、なつかしさや興味がわいた皆様は、実際のプレーをみていただければ幸いです。

アイマール とにかく凄すぎたメッシのアイドル!スーパープレー●ファンタジスタのドリブル&トラップ,ゴール●ラ・リーガ サッカー・アルゼンチン代表【Legend】

次回予告

次回は【ファン・デル・ファールト】です。

Embed from Getty Images

お楽しみにしてください、またね。

サッカーをプレーする皆様は下記記事をご覧いただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました