サッカー選手紹介#10【ロナウジーニョ】スマイルボーイ「NoサッカーNoライフ」

好きなサッカー選手
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介する好きなサッカー選手はブラジルの【ロナウジーニョ】です。

Embed from Getty Images

いきなりですが【ロナウジーニョ】にキャッチフレーズをつけます。

スマイルボーイ

なぜこのキャッチフレーズをつけたのか【ロナウジーニョ】のすごいぞポイント3つを軸に語っていきますので、しばしお付き合いください。

  1. ボールは友達とやじろべえ
  2. 3Rのムードメーカー
  3. メッシの師匠
スポンサーリンク

選手プロフィール

  • 名前:ロナウジーニョ
  • 国籍:ブラジル
  • 生年月日:1980年3月21日
  • 身長・体重:182cm80kg
  • 利き足:右足
  • ポジション:MF(ミッドフィルダー)、FW(フォワード)
  • 主な所属チーム:パリ・サンジェルマン、バルセロナ、ACミラン
  • 代表歴:97試合(33得点)
  • ワールドカップ出場:2002年、2006年
クラブ出場(得点)
1998-2001 グレミオ52(19)
2001-2003 パリ・サンジェルマン55(17)
2003-2008 バルセロナ145(70)
2008-2011 ミラン76(20)
2011-2012 フラメンゴ33(15)
2012-2014 アトレチコ・ミネイロ48(16)
2014 ケレタロ25(8)
2015 フルミネンセ7(0)
通算432(167)
スポンサーリンク

出会い

【ロナウジーニョ】との出会いは、2002年日韓ワールドカップです。

ブラジル代表は怪物【ロナウド】が全盛期で優勝候補の一角にあげられ、他にも超絶テクニシャンがいるという事でした。

それが【ロナウジーニョ】です。

スポンサーリンク

すごいぞポイント3つ

ボールは友達とやじろべえ

【ロナウジーニョ】のプレースタイルはキャプテン翼の有名な言葉「ボールは友達」を体現しています。

ボールと戯れるように下記プレーをします。

  1. 笑顔でボールタッチ
  2. ノールックパス
  3. 高速シザースドリブル
  4. エラシコ
  5. 肩トラップ
  6. ループシュート

【ロナウジーニョ】はブラジル生まれで、サンバのリズムとカポエラのリズム(ジンガ)を持ち合わせています。

足元の技術と独特のリズムで相手の逆をつき、いとも簡単にパス、ドリブル、シュートを決めます。

しかし、【ロナウジーニョ】のプレー映像を見ると、足元以外に腕全体の動きが他の選手と違います。

相手を幻惑するフェイントは肩でしたり、ドリブルで抜き去った後の推進は腕も使うことで、一瞬で置き去りにしています。

その姿は「やじろべえ」を彷彿とします。

「やじろべえ」はつっつくと、意外な方向にゆれたり、倒れそうで倒れません。

ゆれるリズムは独特で推す角度や押す力で、再現できません。

まさに、サンバとジンガのリズムを両腕と体全体でバランスをとりプレーする【ロナウジーニョ】のプレーそのものです。

伝説のシュートが生まれたのも必然かもしれません。

2005年3月に行われたチャンピオンズリーグのチェルシー戦のダンスシュートです。

ペナルティエリア少し手前の中央部でトラップした【ロナウジーニョ】は股関節中心に腰を回転しつつ、腕も肩中心にバランスをとるように回転してフェイントをかけ、相手が止まった刹那の瞬間にノーステップでトゥキックすると、キーパーは一歩も動けずゴールに吸い込まれました。

稚拙な表現で申し訳ありません。

Embed from Getty Images


3Rのムードメーカー

3Rとは2002年日韓ワールドカップ優勝したブラジル代表の攻撃ユニット【ロナウド】【リバウド】【ロナウジーニョ】の頭文字Rを取って名付けられました。

優勝からさかのぼること4年前は、決勝戦直前に【ロナウド】の体調不良もあり、【ジダン】率いるフランス代表に敗れています。

【ロナウド】はブラジル国民全員のプレッシャーを1人で抱え込んだともいわれています。

【ロナウド】にとって、いつも明るく楽しくプレーする【ロナウジーニョ】は技術的にも精神的にも国民のプレッシャーを軽減しました。

大五郎ヘアで走る【ロナウド】の姿は【ロナウジーニョ】の明るさがあったからこそだと思います。

Embed from Getty Images

メッシの師匠

【ロナウジーニョ】はバルセロナ在籍時に若き【メッシ】とプレーしています。

実質4シーズンプレーし、2005−2006年シーズンはチャンピオンズリーグを制しています。

背番号は【ロナウジーニョ】10番に対して【メッシ】19番です。

【メッシ】は【ロナウジーニョ】とプレーを一緒にすることで技術メンタルともにさらに成長し、9の下の部分が取れて0になり、【ロナウジーニョ】から10番を引き継いだのだと思います。

【ロナウジーニョ】はバルセロナを退団する時にひとつだけ後悔があったそうです。

「もう少し【メッシ】とプレーしたかった」

Embed from Getty Images

まとめ

いかがでしたでしょうか。

室町時代に活躍した能楽のスターである世阿弥の有名な言葉で「初心忘るべからず」があります。

初心というと「何かを始めた時の最初の心」のように考えがちです。

本来の意味は「その瞬間瞬間を初めて経験した時の心」になります。

ぼくも少年時代に、リフティングが100回できたこと、ドリブルで相手を抜いたこと、シュートが狙った位置に決めたこと、などなど。

初めての成功は達成感で笑顔になります。

【ロナウジーニョ】は同じことをするのではなく、「常に新しい技を挑戦し、初体験を繰り返している」ので少年のような笑顔でプレーできたのだと思います。

少年のような笑顔で、楽しく一生懸命プレーする【ロナウジーニョ】の姿は、メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手と重なります。

【ロナウジーニョ】の魅力がうまく語れたかはわかりませんが、なつかしさや興味がわいた皆様は、実際のプレーをみていただければ幸いです。

Embed from Getty Images

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

次回予告

次回は【デニス・ベルカンプ】です。

お楽しみにしてください、またね。

Embed from Getty Images

 

サッカーをプレーする皆様は下記記事をご覧いただければ幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました