サッカー選手紹介#11【デニス・ベルカンプ】ナチュラルタッチターン「飛べない鳥はクールに飛んだ」

好きなサッカー選手
スポンサーリンク

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介する好きなサッカー選手はオランダの【デニス・ベルカンプ】です。

Embed from Getty Images

いきなりですが【ベルカンプ】にキャッチフレーズをつけます。

ナチュラルタッチターン

なぜこのキャッチフレーズをつけたのか【ベルカンプ】のすごいぞポイント3つを軸に語っていきますので、しばしお付き合いください。

  1. トラップ
  2. ベルカンプターン
  3. 飛行機恐怖症
スポンサーリンク
お名前.com

選手プロフィール

  • 名前:デニス・ベルカンプ
  • 国籍:オランダ
  • 生年月日:1969年5月10日
  • 身長・体重:183cm81kg
  • 利き足:右足
  • ポジション:FW(フォワード)
  • 主な所属チーム:アヤックス、インテル、アーセナル
  • 代表歴:79試合(37得点)
  • ワールドカップ出場:1994年、1998年
スポンサーリンク

出会い

【ベルカンプ】との出会いは、特殊です。

プロフィールにも記載がありますが、1994−1995年のアヤックスチャンピオンズリーグの快進撃により、ぼくは熱烈なアヤックスファンになりました。

アヤックスファンになる少し前まで、【ベルカンプ】がアヤックスに所属し活躍していたことを聞き、俄然興味が沸いたのが出会いとなります。

アヤックス出身の選手はたとえ移籍しても、それだけで応援したくなります。

現在も現役選手の【ズラタン・イブラヒモビッチ】【ルイス・スアレス】、ヴィッセル神戸の【フェルマーレン】、最近の選手で言えば、【フレンキー・デ・ヨング】【ドニー・ファン・デ・ベーク】【マタイス・デ・リフト】【ジャスティン・クライファート】です。

アヤックスについては「歴代アヤックスベストイレブン」を記事にしていますので、興味ある皆様は読んでいただければ幸いです。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

すごいぞポイント3つ

トラップ

【ベルカンプ】のプレースタイルの最大の特徴といえば、ボールのトラップの技術です。

繊細なボールタッチは、ボールをボールと感じさせません。

【ベルカンプ】が触れたボールは「弾む」という概念が通じません。

吸盤のようにボールが【ベルカンプ】の足に吸い付く様子は、「えげつない」と言う感想を通りこして「背筋がゾクっとする怖さ」を感じます。

【ベルカンプ】の白眉のトラップは、1998年ワールドカップの対アルゼンチン戦で目撃しました。

左足のキック精度抜群の【フランク・デ・ブール】の後方からのロングパスを、右足の甲で「ピタッ」と止めてすぐさま決めたゴールはいまだに脳裏に焼き付いています。

※白眉とは中国故事でたくさんの優れたものから、最も優れているものや人のことです。

転じて、最高級という意味になります。

Embed from Getty Images

ベルカンプターン

【ベルカンプ】を語る上で「ベルカンプターン」は外せません。

言葉では表すのは非常に難しいですが、次のような感じです。

相手のディフェンダーは【ベルカンプ】に前を向かせないように密着マークをしています。

ディフェンダーを背負いながらゴールを後ろ向きに立っている【ベルカンプ】の足元に「早く低いボールのパス」がきます。

【ベルカンプ】は左足の甲(つま先っぽくも見える)で軽くさわってスライドさせます。

相手ディフェンダーからの視点では【ベルカンプ】が何をしたかは見えていません。

【ベルカンプ】はスライドさせたボールとは逆側に体を反転して走ります。

スライドさせたボール(回転がかかっている)が、意思をもっているかのように【ベルカンプ】の足元に吸い寄せられます。

そして、何が起こったか分からないディフェンダーを軽くいなして、冷静にゴールを決めます。

こればっかりは、「見てください」としか言いようがありません。

Embed from Getty Images

飛行機恐怖症

【ベルカンプ】の飛行機恐怖症の理由は諸説あります。

「自分が乗っている飛行機の爆破予告」や「友人が航空事故で亡くなった」等ですが真実は分かりません。

いずれにしても過去のトラウマにより【ベルカンプ】は飛行機が乗れない体質となりました。

※1994年のアメリカワールドカップは参加しているため、その後の発症かも知れません。船で移動したとの説もありますので、アメリカワールドカップの前の発症の可能性も否めません。

この体質の問題点は、アウェーの試合に現れます。

本来飛行機で行ける地域でも、車や電車や船を乗り継ぎ移動していたため、身体的負担は増えるので監督は起用方法に悩まされました。

しかし飛べない鳥は、飛ぶ能力が欠如した代わりに他の能力が進化します。

【ベルカンプ】のトラップとターンに磨きがかかったのは、この事実と無関係ではないかも知れません。

信じるか信じないかはあなた次第です。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

サッカーと言えば「止めて、蹴る」ですが、その技術に特化した選手が【ベルカンプ】になります。

走りながら、相手や味方の動きを見ながら、「止めて、蹴る」を自然(ナチュラル)に行うには壮絶な努力があったに違いありません。

飛べない鳥は「地上(グラウンド)」で見事に飛びました。

【ベルカンプ】の魅力がうまく語れたかはわかりませんが、なつかしさや興味がわいた皆様は、実際のプレーをみていただければ幸いです。

Embed from Getty Images

【神のトラップ】デニス・ベルカンプ 特徴解説  HD 1080p(海外サッカー)みにフト  イーフト
現役歴代問わず選手がどのような人生を歩んできたのか、どのようなプレースタイルなのか初心者でも分かりやすく解説や教育をします。10分以内に見れるお手軽なサッカー解説動画を投稿していきます。チャンネル登録よろしくおねがいします。★MUSIC1.Johnning - Don't Want U Back (feat. É...
YouTube
Chia sẻ video của bạn với bạn bè, gia đình và mọi người trên thế giới
TOP 10 GOALS – Dennis Bergkamp
スポンサーリンク

次回予告

次回は【ロベルト・バッジョ】です。

お楽しみにしてください、またね。

Embed from Getty Images

 

ここまでお付き合いしてくださった皆様にサッカー本と漫画の紹介をします。

サッカーをプレーする皆様はこちら

サッカーを指導する皆様はこちら

サッカーの戦術マニアはこちら

世界のサッカー小僧のバイブル

ファンタジスタの見える景色を知る漫画

生きる道を模索する青春漫画

監督視点の漫画と思いきや選手の成長漫画

プロを目指す選手のもがき苦しみつつも楽しむ様子を描いた漫画

ストライカー育成漫画

動画視聴は下記からどうぞ

ユニフォーム購入は下記からどうぞ

麻雀を気軽に楽しみたい方は下記からどうぞ

楽しんでもらえたらポチッとお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

コメント

  1. ノン・フライングダッチマン より:

    1994年のアメリカワールドカップは飛行機に乗らずに船でアメリカに渡って参加したよ。
    この時から既に飛行機嫌いだった様です。

タイトルとURLをコピーしました