伝説サッカー選手紹介#66【ダニー・ブリント】アヤックスの闘将「いつでも攻めるぞ」

好きなサッカー選手
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介する伝説のサッカー選手はオランダの【ダニー・ブリント】です。

Embed from Getty Images
生徒
生徒

「 ダニー・ブリントはどんな選手?」

「ダニー・ブリントのエピソード教えて!」

と思っていただいたあなたへお届けします。

「 ダニー・ブリントはどんな選手?」

「ダニー・ブリントのエピソード教えて!」

と思っていただいたあなたへお届けします。

ちょいちょいぼくのエピソードも混じっていますが、お付き合いいただければ幸いです。

いきなりですが【ダニー・ブリント】にキャッチフレーズをつけます。

じょのれん
じょのれん

アヤックスの闘将

「いつでも攻めるぞ」

なぜこのキャッチフレーズをつけたのか【ダニー・ブリント】のすごいぞポイント3つを軸に語っていきますので、しばしお付き合いください。

いち早く実際のプレー動画を見たい皆様はこちらからどうぞ。

プレーを見た後で良いので、記事を読んでいただければ幸いです。

  1. プレースタイル「リベロ」
  2. 親子鷹「息子はデイリー・ブリント」
  3. ヨーロッパ三大タイトル同一チームですべて獲得
スポンサーリンク

選手プロフィール

  • 名前:ダニー・ブリント
  • 国籍:オランダ
  • 生年月日:1961年8月1日
  • 身長・体重:177cm74kg
  • 利き足:右足
  • ポジション:DF(ディフェンダー)
  • 主な所属チーム:スパルタ、アヤックス
  • 代表歴:42試合(1得点)
  • ワールドカップ出場:1990年、1994年
クラブ出場(得点)
1979-1986オランダの旗 スパルタ・ロッテルダム165(18)
1986-1999オランダの旗 アヤックス・アムステルダム372(27)
スポンサーリンク

出会い

【ダニー・ブリント】との出会いは、1994-95シーズンのアヤックス快進撃時代にさかのぼります。

ACミランから帰還した【ライカールト】や【ベルカンプ】の後継者【リトマネン】、近代ゴールキーパーの元祖【ファン・デル・サール】たちと一緒にアヤックスはチャンピオンズリーグ優勝を果たします。

若手の【セードルフ】【クライファート】【カヌ】も躍動し、僕的には歴代最強にして歴代最高のチームです。

詳しくはプロフィールで語っていますので、興味のある皆さまはご覧ください。

「歴代アヤックスベストイレブン」も語っていますので興味のある皆様はご覧ください。

Embed from Getty Images
スポンサーリンク

すごいぞポイント3つ

プレースタイル「リベロ」

【ダニー・ブリント】のプレースタイルは「リベロ」です。

リベロとは「マークする選手がおらず、自由な守備をし積極的に攻撃する」選手を指します。

大事なのは守備を完璧にこなしつつ「機を見て攻撃する戦術眼」です。

【ダニー・ブリント】はその点はまったく問題ありません。

1対1が強いのはもちろん、的確なポジショニング、周りを動かすコーチング、鋭いよみからのパスカット、鋭いタックルと引き出しが多彩です。

そして、相手の陣形が崩れたタイミングでボールを奪う「刹那(せつな)」に【ダニー・ブリント】は、守備のポジショを捨てて駆け上がります。

「この文章見たことあるな」と思った皆様は鋭いです。

同タイプのリベロであるACミランの伝説【フランコ・バレージ】の紹介と同じです。

いまだにリベロと呼ばれる選手があらわれると【ダニー・ブリント】と【バレージ】を基準に見てしまいます。

【バレージ】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

Embed from Getty Images

親子鷹「息子はデイリー・ブリント」

【ダニー・ブリント】の息子は【デイリー・ブリント】です。

この記事を書いている段階では現役のオランダ代表です。

親子鷹といえば【マルディーニ】親子も有名です。

偶然ですが、どちらも父がセンターバックで、息子が左サイドバックです。

【ブリント】親子は2014年ワールドカップで父はコーチとして、息子は選手として3位に貢献しました。

【マルディーニ】親子は1998年ワールドカップで父は監督として、息子は選手としてベスト8でした。

【パオロ・マルディーニ】に興味のある皆さまは下記記事をご覧ください。

Embed from Getty Images

ヨーロッパ三大タイトル同一チームですべて獲得

【ダニー・ブリント】はいまはなきヨーロッパ三大タイトルを同一チームで獲得した唯一の選手です。

まずは1986-1987シーズンの「カップウィナーズカップ」を獲得します。

「カップウィナーズカップ」とは文字通り、各国のカップ戦の王者が集まる戦いです。

「チャンピオンズリーグ」の次に格のある大会でした。

次は1991-1992シーズンの「UEFAカップ」を獲得します。

イメージとしては「チャンピオンズリーグ」「カップウィナーズカップ」の参加資格がない各国の上位チームが参加する大会です。

2009-2010シーズンから「UEFAカップ」と「カップウィナーズカップ」は統合され「UEFAヨーロッパリーグ」になりました。

最後は1994-1995シーズンの「チャンピオンズリーグ」を獲得します。

ついでに1995年に「トヨタカップ」を獲得しています。

僕が調べた限りでは、「同一チームでヨーロッパ3大タイトルを獲得」したのは、後にも先にも【ダニー・ブリント】だけでした。

もし、他に「同一チームでヨーロッパ3大タイトルを獲得」した選手がいましたらご連絡ください。

Embed from Getty Images

まとめ

いかがでしたでしょうか。

【ダニー・ブリント】はリーダーとしてチームを引っ張る闘将が似合います。

【ダニー・ブリント】の攻め上がりで最も印象に残っているのは、1994-1995シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の対ACミラン戦です。

【クライファート】の得点で1対0とリードしているロスタイムのことです。

ボールを奪った【ダニー・ブリント】は猛然と攻め上がり、シュートまで持ち込みます。

本来、1点リードであれば時間稼ぎしても良い時間帯です。

しかも決勝戦のため、勝てば天国、負ければ地獄の状況です。

その状況で、攻め上がる度胸と判断能力には感服しました。

相手の守備の要【バレージ】相手にです。

ひょっとしたら、この瞬間がアヤックスを今も好きな理由なのかもしれません。

【ダニー・ブリント】の魅力がうまく語れたかはわかりませんが、なつかしさや興味がわいた皆様は、実際のプレーをみていただければ幸いです。

TOP 10 GOALS – Danny Blind

次回予告

次回は【マイケル・オーウェン】です。

Embed from Getty Images

お楽しみにしてください、またね。

サッカーをプレーする皆様は下記記事をご覧いただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました