伝説サッカー選手紹介#61【ロナルド・デ・ブール】ライティレスキュー隊「前方支援は任せろ」

好きなサッカー選手
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、サッカー大好きおっさんのじょのれんです。

今回紹介する伝説のサッカー選手はオランダの【ロナルド・デ・ブール】です。

Embed from Getty Images
生徒
生徒

「 ロナルド・デ・ブールはどんな選手?」

「ロナルド・デ・ブールのエピソード教えて!」

と思っていただいたあなたへお届けします。

ちょいちょいぼくのエピソードも混じっていますが、お付き合いいただければ幸いです。

いきなりですが【ロナルド・デ・ブール】にキャッチフレーズをつけます。

じょのれん
じょのれん

ライティレスキュー隊

「前方支援は任せろ」

なぜこのキャッチフレーズをつけたのか【ロナルド・デ・ブール】のすごいぞポイント3つを軸に語っていきますので、しばしお付き合いください。

いち早く実際のプレー動画を見たい皆様はこちらからどうぞ。

プレーを見た後で良いので、記事を読んでいただければ幸いです。

  1. プレースタイル「サイドアタッカー+ストライカー」
  2. 究極のポリバレント
  3. 双子プレーヤー「兄フランク・デ・ブール」
スポンサーリンク

選手プロフィール

  • 名前:ロナルド・デ・ブール
  • 国籍:オランダ
  • 生年月日:1970年5月15日
  • 身長・体重:180cm77kg
  • 利き足:右足
  • ポジション:MF(ミッドフィルダー)、FW(フォワード)
  • 主な所属チーム:アヤックス、レンジャーズ、アル・シャマル
  • 代表歴:67試合(13得点)
  • ワールドカップ出場:1994年、1998年
クラブ出場(得点)
1987-1991オランダの旗 アヤックス52(14)
1991-1992オランダの旗 トゥウェンテ49(22)
1993-1998オランダの旗 アヤックス172(36)
1998-2000スペインの旗 FCバルセロナ33(1)
2000-2004スコットランドの旗 レンジャーズ104(39)
2004-2005カタールの旗 アル・ラーヤンSC22(3)
2005-2008カタールの旗 アル・シャマルSC56(7)
スポンサーリンク

出会い

【ロナルド・デ・ブール】との出会いは、1994-95シーズンのアヤックス快進撃時代にさかのぼります。

ACミランから帰還した【ライカールト】や【ベルカンプ】の後継者【リトマネン】、近代ゴールキーパーの元祖【ファン・デル・サール】たちと一緒にアヤックスはチャンピオンズリーグ優勝を果たします。

詳しくはプロフィールで語っていますので、興味のある皆さまはご覧ください。

アヤックスベストイレブンも選出していますので、興味のある皆さまはこちらもご覧ください。

Embed from Getty Images
スポンサーリンク

すごいぞポイント3つ

プレースタイル「サイドアタッカー+ストライカー」

【ロナルド・デ・ブール】のプレースタイルは「サイドアタッカー+ストライカー」です。

1990年代初頭は背番号は固定性ではなく、スタメン11人が1番から11番をつけることとなっていまいた。

アヤックスはシステムが3-4-3であり、ポジション毎に背番号をつけていたので、スタメンの背番号を見ればポジションが分かります。

背番号1はゴールキーパー。

ディフェンダーは3バックで左から、5、3、2です。

ミッドフィルダーはひし形で、中盤の底が4、右サイドが6、左サイドが8、トップ下が10です。

フォワードは3トップで左から11、9、7です。

【ロナルド・デ・ブール】は基本的に6をつけています。

すなわち、右サイドのミッドフィルダーです。

豊富な運動量、パス、ドリブルとサイドアタッカーとして必要な資質をすべて備えています。

さらに、特異体質がここに加わります。

それが「ストライカー」の能力です。

【ロナルド・デ・ブール】パスの出し手でありながら、受け手にもなりセンターフォワードになります。

ストライカーのときは背番号6から9になります。

キン肉マン好きならピンときたと思います。

バッファローマンがキン肉マンのキン肉バスターを破ったときの原理です。

6をひっくり返すと9になる。

話を戻します。

例えば、【ロナルド・デ・ブール】が背番号6、【クライファート】が背番号9をつけていれば「サイドアタッカー」の役割だということが分かります。

【セードルフ】が背番号6、【ロナルド・デ・ブール】が背番号9をつけていればストライカーの役割だということが分かります。

【クライファート】【セードルフ】に興味のある皆さまは下記記事を御覧ください。

Embed from Getty Images

究極のポリバレント

【ロナルド・デ・ブール】はプレースタイルで語ったとおり、一つのポジションだけでなく複数のポジションを高いレベルでこなします。

日本では「オシム監督」が複数のポジションをこなせる選手を「ポリバレント」と呼んで重宝しました。

【阿部勇樹】選手が筆頭です。

1994年当時も複数のポジションをこなす選手は多くいましたが、基本は縦関係か横関係です。

縦関係は「サイドアタッカーとウィング」「サイドバックとウィングバック」みたいな感じで、一段下がったり、上がったりするケースです。

横関係は「右ウィングと左ウィング」「右サイドバックと左サイドバック」みたいに左右反転するケースです。

【ロナルド・デ・ブール】の特異性はナナメの関係です。

サイドの選手がセンターもできる、即ち状況によってはどこでもできる「究極のポリバレント選手」の出来上がりです。

Embed from Getty Images

双子プレーヤー「兄フランク・デ・ブール」

【ロナルド・デ・ブール】は僕の中で元祖双子サッカー選手です。

しかも、どちらもオランダ代表で活躍しています。

兄の【フランク・デ・ブール】は弟と違って左利きです。

ポジションは兄の【フランク・デ・ブール】は守備ポジションはゴールキーパー以外全てでき、弟の【ロナルド・デ・ブール】は攻撃ポジションは全てできます。

二人が「フュージョン」すれば完全体のフットボーラーができるかも知れません。

尚、オランダ代表でのゴール数はどちらも13得点です。

偶然なのか、双子ならでは必然なのかは知る由もありません。

【クライファート】【セードルフ】に興味のある皆さまは下記記事を御覧ください。

Embed from Getty Images

まとめ

いかがでしたでしょうか。

【ロナルド・デ・ブール】はポリバレントの選手であり監督にとっては重宝する選手です。

現在、オランダ代表監督に復帰した【ロナルド・デ・ブール】の恩師は、【ロナルド・デ・ブール】のような「究極のポリバレント」を探しているのかもしれません。

【フレンキー・デ・ヨング】をどのポジションで起用するか悩ましいはずです。

日本では【旗手怜央】選手がポリバレントだと思いますが、26人の枠がどちらに転ぶかは興味津々です。

監督の困りごとを解決する【ロナルド・デ・ブール】はまさにレスキュー隊です。

【ロナルド・デ・ブール】の魅力がうまく語れたかはわかりませんが、なつかしさや興味がわいた皆様は、実際のプレーをみていただければ幸いです。

TOP 10 GOALS – Ronald de Boer
Ronald de Boer [Best Goals]

次回予告

次回は【ジャンルカ・ザンブロッタ】です。

Embed from Getty Images

お楽しみにしてください、またね。

サッカーをプレーする皆様は下記記事をご覧いただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました